福島・会津の無農薬米・特別栽培米・オーガニック米の通販なら、すとう農産をご利用ください。福島の美味しい無農薬米はお中元、お歳暮、敬老の日の贈物にも最適ですよ。お米ギフトのセットもご用意しております。

5つのこだわり

  • HOME »
  • 5つのこだわり

こだわりその1:種籾温熱消毒

disinfection_law1
一般では薬剤を使う種籾の消毒も、すとう農産は60℃のお湯で 5分間かけて消毒をします。
微生物や菌類の最も活動的な温度帯は32℃で、60℃になると死滅します。
種籾についている菌たちが、発芽した種籾に悪さをしないように殺菌しておくのです

こだわりその2:米ぬか醗酵肥料

stir1
米ぬかを玄米酵素で醗酵させた『米ぬかボカシ』は、化学肥料とは違う”生きている肥料”です。
米ぬかの中では乳酸菌・こうじ菌・酵母などの微生物たちが、が米ぬかを食べながら身体によい
酵素を作り出しています。甘酒のようないい香りが漂ってきたら完成です。
これを田んぼや畑に入れると、微生物たちが土壌のバランスを調節し、土を健康にしてくれます。
健康な土には、病害に強い健康な作物が育ってくれるのです。

こだわりその3:アイガモ栽培

dags2-1
田植えの済んだ田んぼにアイガモのひなを放飼します。
このため、アイガモ栽培では農薬を使用する必要がありません。
【雑草防除・害虫防除】稲の生育を阻害する雑草や虫はアイガモが食べてくれます。
【 中       耕  】
常に脚で泥を掻き回しますから田の水が濁り、雑草が生えにくくなりますし、稲の根が伸びやすくなります。
【 養分供給(散糞) 】
アイガモの糞は良質の肥料になります。
アイガモが稲株の間を泳ぎ回って稲に触れることは、
稲に適度な刺激を与え稲が強く育つとも言われています。

こだわりその4:手作業による除草

weeding2
農薬を使わない、あるいは少なくした田んぼには、様々な雑草が現れて来ます。
すとう農産の田んぼに毎年姿を現す雑草たちは、特にホタルイ・カヤツリ・タイヌビエ・クサネムなどです。
草たちが実(種)を落とす前に、田んぼから取り除かなければ、来年また増えてしまいます。
雑草達の生命力は大変なもので、放っておけば、稲が吸うべき養分を横取りしてしまうのです。
ですから、これらの雑草たちを手作業でひとつひとつ除草しています。
※すとう農産では、アイガモ栽培の他、除草剤を一度使うだけの減農薬栽培も行っています。

こだわりその5:籾(もみ)のまま保管

keeping_law1
いつも新鮮なお米をお届けしたいから、収穫したお米は籾のまま保管しています。
”籾”とはお米を覆う硬い殻のこと。秋の収穫後、この”籾”を取り除く作業、『籾すり』をし、
玄米の状態で保管するのが一般的ですが、籾つきのままで保管する方がより望ましいようです。
すとう農産では、籾すりをこまめに行うことで、より新鮮なお米をお届けする努力をしています。

無農薬米・特別栽培米・お米ギフトを通販でお取り寄せください。

Copyright © 有限会社 すとう農産 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.